物件の管理

賃貸物件は安くなっている

常に新しい住居や事務所が建設されていますが、古くなった建物が壊されているわけではありません。むしろ壊すために費用が必要であるため、使わなくてもそのまま放置している事が少なくないのです。 放置しておけば出費がなくなるわけでもありません。なぜなら不動産には固定資産税と呼ばれる税金が課せられるからです。つまり使わない建物や土地を、早く手放したいと考えている人がかなり存在しています。 そういう理由から不動産を売りたいと考える人が増えています。そして売りに出されている物件は山ほどあるため、値下げする事を強いられているのです。

リフォームが流行になった経緯

安くなっている賃貸物件ですが、新しい所有者の手に渡ればその人が固定資産税の支払いを担当します。それにも関わらず売れているのは、リフォームする事で魅力的な賃貸物件にして、利用者を募る事を考えているからです。 リフォームするにはリスクも存在しますが、それでも収益源を作ろうとする人はたくさん存在します。不動産を投資対象に選ぶようになった理由は、通常の預金では金利がほとんどつかないからです。以前は数パーセントが確約されていましたが、現在の金利はそれに全く及びません。 不動産価格の下落と金利の低下が、新たな投資先を見つけるための原動力になりました。しかし多くの人が投資目的に不動産を持とうとするので、競争に勝ち抜くためにリフォームが求められるのです。