マンションの購入

中古マンションが当たり前に選ばれる時代になりました

以前は、住宅を買うということは、イコール「新築住宅を買う」ということでした。はじめて住宅を取得する人が、中古マンションを買うということはほとんど考えられない時代だったのです。 しかし、価値観が多様化した現代社会においては、住宅に関する考え方も大きく変わりました。マンションを購入する場合でも、新築住宅ではなく中古住宅を選ぶ人も非常に多くなっています。 そもそも、これだけマンションが供給されている中で、新規にマンション供給を行うとしても、立地に劣る物件がどうしても多くなってしまうのです。東京都心部では特にそうですが、マンションの建設に適した用地というのがほとんどなくなってしまっています。これは何を意味するのでしょうか。

新築住宅も築後1年で中古になります

マンション用地がほとんどない(全くないわけではありませんが、その絶対数が少ないのです)状況の中で、まれにマンション用地が市場に売りに出されると、マンションデベロッパーが殺到し、土地の取引価格が跳ね上がっていきます。ちなみに、現在は建築費用も高止まりしているため、販売価格はどうしても割高になってしまうことになります。 その点、中古マンションならば立地のよい物件を安く買えるわけです。新築マンションも、建築後1年間を経過すれば必然的に中古マンションになるわけですから、新築でなければならない理由はどこにもないわけです。 また、中古マンションの場合には、購入前に実際に住んでいる人がどんな人なのかある程度把握できるため、失敗が少ないともいえるのです。これからも、中古マンションが選ばれる傾向は強くなっていくでしょう。